このページの先頭です

痛い?痛くない?医療脱毛のパワーと痛みの対策方法とは

396views

投稿日:

脱毛と痛み

脱毛は痛いのか

脱毛で連想されるものとして、痛みは挙げられやすい答えの一つです。実際、自己処理で脱毛している方は痛みを連想しやすいでしょう。毛抜きで一本一本抜いていると、どの部位であっても強い痛みを伴うためです。

では、医療脱毛でも痛みから離れることはできないのでしょうか。特に全身脱毛にもなると、顔などデリケートな箇所も脱毛箇所に含まれるため、より不安を煽るかもしれません。

痛みと個人差

まず痛みに関してですが、どのくらい痛みに強いかは個人差があります。医療脱毛はそもそもレーザー器による照射が強いため、多少痛みに強い自負のある方でも刺激や痛みを感じるかもしれません。そして、その痛みをどこまで強く感じるかは、肌状態などに左右されます。

日焼けしている方は特にレーザーの影響を受けやすくなるため、普段よりも痛みが強くなる可能性はあります。日焼けの程度によっては脱毛できないこともあるため、脱毛を予定に組み込んでいるなら夏場日焼けするイベントなどは避けましょう。

口コミは参考にできるか

よくネット上に、クリニックによる脱毛の痛みに関する口コミが掲載されています。痛すぎて施術を受けられないという声から、ほとんど痛みを感じず医療脱毛を終えることができた、という声などです。これがまさに痛みの個人差を示しており、なかなか基準を設けることができないのです。

そのため、カウンセリングを受けて痛みを試してもらったり、相談する方法をおすすめします。この方法なら、医療脱毛について質問できる上に、不安を払拭できるのです。

部位によって違う痛み

痛みを感じやすいと多く報告されているのは、やはりデリケートゾーンです。脱毛したい方の中には全身脱毛を希望されている方もいますが、そうなるとデリケートゾーンの脱毛も避けられません。もしも痛みから逃れられないようであれば、耐えるか一旦脱毛を中止する他なくなるのです。

その他の部位では、脚も意外と痛みを感じやすい部位です。脚はどこよりも毛深くなっている方も多く、それ故に医療脱毛でも痛みを感じやすくなるのです。

医療脱毛の痛みと対策

痛み対策と日焼け対策

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、光を当てて毛根を破壊する方法ですが、肌が黒くなるほど照射した光を吸収してしまいます。これが痛みの原因となってしまい、脱毛におけるメリットを考えても耐えられない痛みになりやすいのです。

多少の傷みなら耐えてみせる、と我慢される予定の方もいるかもしれませんが、脱毛したいからとはいえ物事には限度があります。日焼けしすぎていると痛みも際限がなくなりますし、腫れることすらあります。

医療脱毛と火傷

レーザー脱毛の性質上、時には肌が軽く火傷することもあります。低確率ではありますが、効果が高い分照射されるエネルギーも強力なので、肌状態によってはこうなる可能性が高まります。施術中の痛みとはまた別かもしれませんが、火傷の痛みに悩まされる方も稀にいるため、もしそうなったらすぐに施術したクリニックに相談しましょう。真摯に対応してくれるはずです。

麻酔を使うことも

クリニックならではの対策として、麻酔を使うこともあります。あまりに痛みに耐えられそうにない場合に使われる方法ですが、麻酔の効果は絶大です。そのまま施術するよりもはるかに痛みを抑えられるでしょう。

ただし、麻酔特有の症状として、しばらくは多少の痺れが残るかもしれません。数時間ほどの痺れではありますが、施術後予定が入っている方は注意しましょう。妙な感覚のまま予定をこなすことになりかねません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です