このページの先頭です

実はこんなに違う?医療脱毛におけるレーザー脱毛の種類とは

384views

投稿日:

医療脱毛と医療レーザー

医療レーザーについて

医療脱毛とは何かと問われれば、ほぼ医療レーザーのことを指していると捉えて問題ありません。それだけレーザー脱毛は浸透していますし、高い効果が期待できることから優秀な脱毛方法となります。クリニックによる脱毛では確実に採用されている医療脱毛なので、脱毛したいならまず選択肢に入ってくるでしょう。

医療レーザーの仕組み

光脱毛などに比べて高い効果を示す医療レーザーは、肌のメラニン色素に反応してレーザーを照射する方法です。広くない範囲に照射するため、広範囲に照射する光脱毛に比べて多少痛みを感じることもありますが、ニードル脱毛ほどではありません。

ただし、日焼けしている肌やホクロといった部分に照射すると、通常より痛みを感じやすくなります。特に日焼けは広範囲に渡り影響するため、慎重に医師と相談しなければなりません。

医療レーザーと種類

比較的新しい部類であるレーザー脱毛ですが、需要の高さもあり様々な医療レーザーが開発されています。最新のレーザー脱毛と従来のレーザー脱毛を比べると、明らかに異なる特徴を持ったタイプが開発されていることもあるため、脱毛したいなら頭に入れておいて損はありません。

医療レーザーといくつかの種類

アレキサンドライトレーザー

多くのクリニックに採用されており、メリットの多い医療レーザーはこちらです。照射範囲や痛み、日本人の肌への適応など、様々なメリットがある方法なので、高い人気を博す医療レーザーの種類です。医療レーザーは光の照射による熱で毛根を破壊しますが、冷却も同時に行うのがアレキサンドライトレーザーの特徴となります。

風やガスを使って冷却し、そのまま照射するのです。こうすると痛みを軽減できる上に、冷却によく使われるゼリーの影響もありません。肌トラブルを防止する意味でも優れた脱毛方法なので、医療脱毛に慣れていない方はこちらを選ぶことをおすすめします。

ダイオードレーザー

他の医療脱毛と比べて刺激が少ないダイオードレーザーは、日焼けしている方へのレーザー脱毛によく採用されます。レーザー脱毛の中でも低刺激なダイオードレーザーは、メラニン色素への照射も強い刺激にはなりません。痛みが全くなくなるわけではありませんが、それでも他のレーザー脱毛より幅広く日焼けに対応できるのです。

ただし、アレキサンドライトレーザーとは違いジェルを必要とするため、ジェルの使い方次第では不快感を覚えるかもしれません。ジェルをあまり気にしなければ、全身脱毛でも頼れるレーザー脱毛となります。

ライトシェアデュエット

痛みを極端に減らして脱毛したいなら、ライトシェアデュエットが適しています。メラニン色素に反応するのがレーザー脱毛の特徴ですが、この脱毛器が反応するのは毛のみです。そのため、不要な痛みを感じることがなく、痛みに弱い方でも安心して施術を進められます。

また、レーザー脱毛のネックになりやすい照射範囲も広く、この他のレーザー脱毛よりも施術時間が3分の1で終わるとされています。全身脱毛ではなく部位脱毛なら、さらに早く完了するでしょう。総合力に優れたレーザー脱毛なので、女性の肌でも問題なく脱毛できるはずです。

あえて他のレーザー脱毛を選ぶとすれば、余程毛深いためライトシェアデュエットでは処理が追いつかなくなるケースくらいでしょう。男性のヒゲ脱毛などは濃い毛が多くなるため、ライトシェアデュエットは物足りない可能性も0ではありません。

医療レーザーの開発

上記のような医療レーザーが開発されていることから、どんどん痛みに配慮されたレーザー脱毛器も増えています。何となく痛みが強く、苦痛を伴うイメージが先行されている方でも安心して施術を受けられる環境が整っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です