このページの先頭です

最近話題の医療脱毛とは?永久脱毛効果でサラサラ素肌に

453views

投稿日:

医療脱毛の基本的なこと

脇やビキニラインなどムダ毛が気になる女性の方は多いでしょう。脱毛は自分でも行えることから、自宅でムダ毛を処理する場合も多いかと思います。自宅では、直接毛根を剃ったり、抜く、溶かすという方法が可能です。

しかし、自宅で脱毛を行った場合、皮膚の表面に刺激を与え、シミやイボの発生の原因を作ってしまう可能性が高いと言えます。そこで、クリニックや脱毛専用エステサロンで行っている医療脱毛がおすすめです。

医療脱毛とは、レーザーなどで皮膚の奥底にあるメラニン組織を人工的に死滅させることで、毛の自己成長を永久的に止め、自然発生を防ぎます。このレーザー脱毛は、永久脱毛法として効果が高く、ムダ毛が気になる方や脱毛したいと考えている方に最適な方法と言えます。

自宅で自分で行う脱毛方法よりも、肌の表面に刺激を与えづらく、シミやイボの発生を抑えるなどメリットも大きい処置と言えるでしょう。

通常、毛が生えるまでには4つの成長サイクルが存在します。

  • 成長第一期間
  • 成長第二期間
  • 退行期間
  • 休止期間

この2つの成長期には、毛の細胞が活発に分裂を行い、毛の成長から皮膚の表面に伸びて現れます。退行期間になると、分裂は止まり、成長は停止します。そして、休止期間になると、毛が完全に成長を停止し、抜け落ちた毛の細胞を皮膚の根底で休ませます。

休止期間が終わると、また細胞は活発化され、分裂を行い成長期間に移行していきます。このサイクルによって人間の毛は成長していくのです。

細胞の成長機能が止まる退行期間と休止期間に脱毛を行っても効果はあまりありません。効果的に脱毛したいとお考えの方は、2つの成長期を狙って行うことが良いでしょう。

しかし、見た目には分かりにくいため、脱毛のタイミングはクリニックやエステサロンなどで相談することをおすすめします。

医療脱毛にはどんな効果があるのか?

医療脱毛にはクリニックやエステサロンなどによって、処理を行える部位が異なります。内容によって異なりますが、意外と脱毛を行える部位は多いです。下に主要な脱毛部位を並べます。

  • ワキ
  • ビキニライン
  • 顔全体
  • アゴ
  • Iライン
  • Oライン
  • 二の腕
  • お腹まわり
  • 太もも
  • 乳輪まわり

脱毛するクリニックによってさらに細かい部分を処理してくれるところもあります。

女性がよく気にするワキの脱毛は3,000円ほどの低価格で処理を行えますが、腕回りやお腹まわり、胸などの処理は1万円を超える場合もあり高額になりがちです。もちろん全身の脱毛ともなれば、さらに費用はかさむことになります。

自宅で行う脱毛は生えてくる度に何度も処理を行う手間が発生することを考えると、永久脱毛は高価な反面、一度の処理でムダ毛を気にする必要がなくなります。

ただし、一度の処理には、何度か通院して経過を診察してもらう必要が生じます。費用の面から考えると、エステサロンよりもクリニックの方がおすすめです。

なぜなら、エステサロンの脱毛はおおよそ12回程度の通院が必要で、クリニックの場合はその半分で済みます。クリニックで処方するレーザー脱毛は、1回あたりの処理量が全体の約20%と言われています。つまり、5回~6回通うことで、完全なムダ毛処理が完成すると言えます。

レーザー脱毛を1回行うだけでもそれなりの効果は出ます。素肌がツルツル、スベスベになった感覚に陥るのです。しかし、この状態だと毛の細胞はまだ生きており、ここで通院をストップしてしまうと、またムダ毛が生えてきて一から処理のやり直しとなるので、注意が必要です。

美容的観点の強い脱毛ですが、風邪や体の病気と同じく、適度な状況診察と複数回の通院が必要となります。専門医が、これなら大丈夫と判断してくれて始めて完全なムダ毛処理が完了します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です