このページの先頭です

脱毛したい理由|ムダ毛自己処理の種類と肌への負担・リスクまとめ

413views

投稿日:

自己処理の様々な方法

ムダ毛を自己処理する方法は、意外とたくさんあります。たとえば以下のような方法です。

ピンセットなどで抜く

王道と言えるのは、ピンセットで抜く方法です。ピンセットで抜けば、しっかりと根元から抜けていくので、たとえばちょっと肌に毛が残り、黒みが生じるということはなくなります。肌に黒みが生じてしまうと、やはり見た目的にも汚くなりますから、そういう意味ではこの方法は効果が高い方法と言えるでしょう。

カミソリやシェーバーなどで剃る

また、ピンセットで抜くという方法の他にもう一つ王道と言える方法もあります。それが、カミソリやシェーバーで剃るという方法です。カミソリやシェーバーで剃るという方法のメリットはなんといってもスピード感でしょう。

面で剃れるので、一つ一つの部位であっという間に処理が出来ます。全身の処理をまとめてする際には、いちいち一本ずつ処理していたら莫大な時間がかかります。そんな中剃る方法であれば、ものの数分で全身の処理が出来るでしょう。

テープなどではがし取る

ムダ毛処理の方法として最近人気なのは、テープなどではがし取るという方法になります。たとえばその中にはブラジリアンワックスも含まれます。テープではがし取ることには、剃るのと抜くのを合わせたような効果があると言えるでしょう。

面で処理をすることが出来ますし、かつ、はがし取るので根本から持っていくことが出来ます。なので、黒みが残るという心配もなくなるのです。

クリームで溶かしてしまう

ムダ毛の自己処理として、クリームで溶かしてしまうという方法もあります。クリームで毛を溶かしてしまえば、綺麗にムダ毛が処理出来るのは当然ですし、毛を溶かすだけなので手間もかかりませんし、はがし取ることに比べて痛みも少ないと言えます。なので、こういう方法も最近では人気です。

自己処理方法のそれぞれのリスク

一見するとどれも効果的に見える自己処理ですが、そこには肌に与えるデメリットがあります。

抜くのは毛が埋まるリスクと毛穴が開くリスクがある

まずピンセットで抜くことですが、ピンセットで毛を抜いていくと、抜いた毛が次に生える時に、肌の中で埋まってしまうというリスクが出てきます。そうなるとその毛は取り出せなくなりますから、肌に黒みを与えて目立つようになるでしょう。

また、無理矢理引っこ抜くことになるわけですから、毛穴が開いてしまうというリスクもあります。毛穴が開くのはやはり見た目的に良くないことです。

剃るのは肌を傷つける

剃ることのリスクは、肌を傷つけてしまうことです。肌の表面に鋭利な刃物を走らせていくわけなのですから、毛を剃るついでに肌も軽く剃ってしまうものです。それは繰り返せば繰り返すほどにひどくなりますし、いずれ色素沈着となります。そうなればやはり、医療脱毛を行うようなクリニックなどでも簡単に治すことは難しくなるでしょう。

テープは皮脂なども奪い取る

テープなどで剥がし取るのは、肌に必要な皮脂なども奪い取るリスクがあります。それで皮脂などが奪い取られたら、やはり肌は乾燥していってしまうでしょう。乾燥すると肌は弱くなるので、それを繰り返す度にどんどんぼろぼろになると言えます。

クリームは肌への刺激が強い

毛を溶かすクリームは、肌への刺激が強いです。毛を溶かすような薬なのですから、肌に良いはずもありません。肌が弱い人は、すごく荒れてしまう可能性もあるでしょう。その場合は広範囲に荒れるので、見た目的にすごく汚くなってしまいます。

自己処理はどれもリスクがある

こうしてみると、自己処理はどれもリスクがあるということが分かります。こんなにリスクがあるのに、さらに手間もかかるわけなのですから、脱毛したいと考える人が多くいるのも納得出来る話です。実際に脱毛に踏み切った方も、それが嫌で脱毛したいと考えるようになったというパターンがほとんどです。

医療脱毛で脱毛していけば、肌ケアなどもしっかりしてくれるからリスクも少ないですし、肌の事を考えるのであれば、やはり自己処理をするのではなく、医療脱毛で脱毛をしてしまうのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です